青汁 りんごジュース 比較

青汁とあの飲み物比較ガイド

青汁とリンゴジュースを比較したことある?

りんごは医者いらずと言われる理由

りんごは医者いらずと言う言い回しを聞いたことがあると思いますが、りんごは健康によい果実の1つとして挙げられます。りんごで注目されるのは、リンゴポリフェノールという成分です。主に皮の近くに多く含まれる栄養素ですが、抗酸化成分の1つです。

病気を引き起こす原因と言われている疲労やストレスを感じた時に発生する活性酸素を除去する働きがあったり、内臓脂肪を効率的に燃焼する働きが期待できます。リンゴを毎日食べるとドロドロの血液がサラサラになる効果もあります。このように健康に効果的なりんごを積極的に食べることで、病気にならない健康的な体作りができるのではないでしょうか。

手軽なりんごジュース

健康によいとされるりんごは、皮をむいて切るのに手間がかかる為に、毎日食べないという人もいます。また、皮をむいて食べると、りんごの栄養素がたくさん含まれているリンゴポリフェノールを捨ててしまうことになります。
皮ごと擦りおろして食べる方法や、家庭で皮付きのままミキサーでジュースを作る方法もありますが、家庭で作ると皮の食感が口に残ってしまいます。

市販のりんごジュースは皮ごと絞って果汁を抽出している製品が多いので、手軽に飲めるのが魅力です。りんごジュースにはリンゴに含まれている栄養成分が豊富に含まれていて、その中でも特にカリウムが豊富に含まれています。カリウムにはドロドロになった血液をサラサラの状態にする作用があり、また、高い抗酸化作用も期待する事ができます。

しかし、手軽に飲めて栄養素も凝縮されていますが、甘くて美味しいだけあってカロリーは高めです。コップ一杯のりんごジュースで100kcal前後はある商品が多く、糖質は高めです。ダイエット中の人にはりんごジュースの糖質は不向きかもしれません。

青汁と比較

りんごジュースは美味しくてしかも、血液サラサラ効果や抗酸化作用が期待できる飲み物ですが、青汁にもりんごジュースと同じ栄養素がたっぷり含まれています。りんごジュースは内蔵脂肪除去効果がありますが、糖質が高い為に効果も半減してしまいます。

青汁はコップ1杯のカロリーが低く10kcalとりんごジュースの10分の1のカロリーで糖質や脂質はほとんどありません。その為に内蔵脂肪除去効果はりんごジュースよりも期待できます。

青汁は栄養価に重点をおいている商品が多いので、甘味や酸味を添加して飲みやすく加工されていない為に、独特の風味や青臭さがありますが、バランスよく栄養素を摂取できて効果をしっかり実感できるのではないでしょうか。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧