青汁 飲むヨーグルト 比較

青汁とあの飲み物比較ガイド

青汁と飲むヨーグルトを比較研究!

飲むヨーグルトの効果は?

青汁も飲むヨーグルトも健康志向の高い人は関心を持つ飲み物です。どちらもお腹をすっきりさせる効果が期待できる飲み物として、便秘解消に取り入れることがあるます。

どちらもお腹の調子を整える効果はありますが、効果を発揮する栄養素が全く違います。飲むヨーグルトは、牛乳を発酵させて作られているので、動物性脂肪を多く含んでいます。最近は植物性乳酸菌を原料とした飲むヨーグルトも販売されていますが、一般的には植物成分は入っていないので、食物繊維やミネラル分は期待できません。

飲むヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内に入ると善玉菌となって悪玉菌を分解し排出する効果が期待できます。乳酸菌は腸に入ると腸内のぜん動運動を活発化させる効果もあるので、腸内環境が整えられます。

飲むヨーグルトは乳製品なので、良質のカルシウムとタンパク質が含まれているのも魅力です。しかし、市販されている飲むヨーグルトは飲みやすいように甘味やフルーツのフレーバーが加えられている為にカロリーは高めです。カロリーオフの商品や無糖の商品もあるので、カロリーが気になる人はニーズに合った商品を探してみるのも1つの方法です。

青汁の効果は?

青汁にもお腹の調子を整える効果がありますが、効果を発揮する栄養素は飲むヨーグルトとは違います。青汁はケールや大麦若葉や明日葉などの植物を絞った商品なので、飲むヨーグルトに含まれる動物性の脂肪や乳酸菌は含まれていません。

しかし、豊富に含まれる食物繊維の働きによって腸内に溜まった毒素や老廃物をからめ取り、体外へ排出する為に腸内環境がスッキリと改善できます。排出させる動きが活発になる刺激で、腸内のぜん動運動が活性化します。同じ腸内環境を整える効果でも影響する栄養素が違うと、アップローチの仕方が全く変わってきます。

更に、青汁は甘味や香りの添加されていない商品が多く、脂質がない為にカロリーが低いのも特徴です。腸内環境を整えてダイエット効果やメタボ対策を期待する人は、余分な糖質や脂質がない青汁は効果的です。

青汁と飲むヨーグルトのどちらが効果的?

青汁と飲むヨーグルトでは含まれる栄養素も、腸内ヘのアップローチの方法も全く違うのでどちらの効果が高いかという正解はありません。迷っている場合はどちらも試してみて、体質に合う方を選択することがお勧めです。

腸内環境を整えるだけでなく、血液をサラサラにして血圧を下げる効果や、美肌効果など総合的に健康効果を期待する場合は、バランスよく栄養素が含まれていてカロリーの低い青汁が効果的ではないでしょうか。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧