青汁 野菜ジュース 比較

青汁とあの飲み物比較ガイド

青汁と野菜ジュースを徹底比較

野菜ジュースのメリット

健康の為に毎朝グリーンスムージーを手作りして飲む人がいると思います。野菜ジュースには食物繊維や野菜の酵素が多く含まれていて、デトックス効果が期待できます。手作りすると、体調に合わせたブレンドが出来て、自分好みの味付けの食材で作れるのもメリットです。甘味が欲しい時ははちみつをブレンドしたり、乳酸菌を加えてお腹の調子を整えたい時はヨーグルトを加えるなどアレンジが楽しめて、毎日飲んでも飽きないというのが続けられて良いのではないでしょうか。

自分で作らなくても、最近はスーパーやコンビニで手軽に野菜ジュースは手に入ります。種類も豊富でトマトがメインの商品や、人参がメインなど主な材料がわかるものから、果物を加えて飲みやすく仕上げているものまで、好みで選べるのもメリットです。

市販されている野菜ジュースはサラリとした口当たりに仕上げられてきて、固形の部分は取り除かれていて果汁だけになっていて飲みやすいのもメリットです。

気になる野菜ジュースの栄養

野菜ジュースは甘くない商品もあるので、甘いジュースが苦手な人や野菜不足の解消の為に飲む人がいますが、気になるのはその栄養ではないでしょうか。自分でフレッシュな野菜で作る場合は、使う野菜の分量とその栄養素を調べることで、摂取できる栄養は予測できます。

市販の商品は、パッケージに栄養素の表示がされているものも多くありますが、濃縮還元の商品が多く野菜や果物の原材料のもつ栄養素の大部分は失われている可能性があります。しかし、繊維質やビタミンは摂取できるので、野菜の代わりにというよりも美味しく飲む飲み物として取り入れるのは良いのではないでしょうか。

甘味のある商品はカロリーが高いこともあるので、栄養価よりもカロリーに注意して摂取することがお勧めです。

究極の野菜ジュースの青汁

分類としては野菜ジュースに入る、究極の栄養ドリンクに青汁があります。市販されている青汁はケールや大麦若葉や明日葉など馴染みのない原材料が使われているものが多く、自分で緑黄色野菜を使ってグリーンスムージーを作っても、青汁と同じ栄養価のあるものは作れません。

野菜ジュースは青汁同じくらいの食物繊維はとれますが、ビタミンやミネラルの含有量は青汁が群を抜いています。それは青汁の原材料になるケールや大麦若葉や明日葉の栄養素が一般に食材として販売されている緑黄色野菜の2倍以上含まれているからです。
ただ、独特の青臭さや苦みが多いのも青汁です。美味しさを求めるのであれば野菜ジュースですが、成人病の予防やメタボ対策には青汁のほうが効果的ではないでしょうか。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧