青汁 ぶどうジュース 比較

青汁とあの飲み物比較ガイド

青汁とぶどうジュースを比較!

ぶどうジュースの意外な栄養

ぶどうジュースといえば子供も大人も大好きなジュースで、美味しいから飲むという人も多いのではないでしょうか。爽やかで、酸味と甘みのバランスがよくジュースだけでなく旬の時期にはぶどうを好んで食べる人もいます。

ぶどうは種類も多く色々な味や食感を楽しめるのもぶどうの魅力です。ぶどうジュースも種類が多くマスカット系の爽やかな味のものから、巨峰が原料になっている鮮やかな赤紫色のものがあります。

ぶどうジュースは栄養を考えて飲むというよりも、嗜好品の1つとして考えられることがありますが、意外な栄養があります。ぶどうジュースにはカリウムやクエン酸などの成分が豊富に含まれていて、高い抗酸化作用が期待できます。

巨峰の皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごと絞るジュースは、皮をむいて中の果肉だけを食べるよりも余すことなく栄養素を摂取できます。

青汁と比較

ぶどうジュースは美味しいだけではなく意外な栄養が入っていますが、ぶどうジュースに含まれている栄養素は全て青汁にも含まれています。ぶどうはジュースにすると果肉を入れないと食物繊維はほとんど期待できませんが、青汁は豊富な食物繊維が含まれています。

どちらも植物が原材料の飲み物ですが、青汁にはカルシウムも多く含んでいるのが特徴です。コップ一杯のぶどうシュースと青汁を比較すると、摂取できる栄養素の種類や量は青汁の方が多くバランスが良いようです。

野菜不足の解消やデトックス効果を期待するのであれば、青汁は効果的です。美味しく飲んで気分をスッキリさせてリフレッシュしたい時には、ぶどうジュースもお勧めです。クエン酸が多く含まれるぶどうジュースは疲労回復にも効果が期待できます。

血圧を下げる効果に注目

意外に知られていないのが、ぶどうジュースにも青汁にも血圧を下げる効果があります。ぶどうジュースにも青汁にも含まれるカリウムは血圧を下げる働きがあるので、血圧が気になる人は毎日コップ一杯のぶどうジュースか青汁を飲むことがお勧めです。血圧の対策には毎日続けることが大切です。

但し、青汁に含まれるカリウムの量は大変多く、予防や改善には効果がありますが、ワーファリンなどの抗血液凝固剤を服用している人には、カリウムの影響が強すぎて青汁は避けなくてはいけません。

それ程青汁のカリウムの量が多く、他の食品では一度に摂取出来ない量がコップ1杯で摂れるのは魅力ではないでしょうか。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧