青汁 比較

青汁とあの飲み物比較ガイド

青汁と野菜ジュースを徹底比較

野菜ジュースのメリット

健康の為に毎朝グリーンスムージーを手作りして飲む人がいると思います。野菜ジュースには食物繊維や野菜の酵素が多く含まれていて、デトックス効果が期待できます。手作りすると、体調に合わせたブレンドが出来て、自分好みの味付けの食材で作れるのもメリットです。甘味が欲しい時ははちみつをブレンドしたり、乳酸菌を加えてお腹の調子を整えたい時はヨーグルトを加えるなどアレンジが楽しめて、毎日飲んでも飽きないというのが続けられて良いのではないでしょうか。

自分で作らなくても、最近はスーパーやコンビニで手軽に野菜ジュースは手に入ります。種類も豊富でトマトがメインの商品や、人参がメインなど主な材料がわかるものから、果物を加えて飲みやすく仕上げているものまで、好みで選べるのもメリットです。

市販されている野菜ジュースはサラリとした口当たりに仕上げられてきて、固形の部分は取り除かれていて果汁だけになっていて飲みやすいのもメリットです。

気になる野菜ジュースの栄養

野菜ジュースは甘くない商品もあるので、甘いジュースが苦手な人や野菜不足の解消の為に飲む人がいますが、気になるのはその栄養ではないでしょうか。自分でフレッシュな野菜で作る場合は、使う野菜の分量とその栄養素を調べることで、摂取できる栄養は予測できます。

市販の商品は、パッケージに栄養素の表示がされているものも多くありますが、濃縮還元の商品が多く野菜や果物の原材料のもつ栄養素の大部分は失われている可能性があります。しかし、繊維質やビタミンは摂取できるので、野菜の代わりにというよりも美味しく飲む飲み物として取り入れるのは良いのではないでしょうか。

甘味のある商品はカロリーが高いこともあるので、栄養価よりもカロリーに注意して摂取することがお勧めです。

究極の野菜ジュースの青汁

分類としては野菜ジュースに入る、究極の栄養ドリンクに青汁があります。市販されている青汁はケールや大麦若葉や明日葉など馴染みのない原材料が使われているものが多く、自分で緑黄色野菜を使ってグリーンスムージーを作っても、青汁と同じ栄養価のあるものは作れません。

野菜ジュースは青汁同じくらいの食物繊維はとれますが、ビタミンやミネラルの含有量は青汁が群を抜いています。それは青汁の原材料になるケールや大麦若葉や明日葉の栄養素が一般に食材として販売されている緑黄色野菜の2倍以上含まれているからです。
ただ、独特の青臭さや苦みが多いのも青汁です。美味しさを求めるのであれば野菜ジュースですが、成人病の予防やメタボ対策には青汁のほうが効果的ではないでしょうか。

 

未分類

青汁と飲むヨーグルトを比較研究!

飲むヨーグルトの効果は?

青汁も飲むヨーグルトも健康志向の高い人は関心を持つ飲み物です。どちらもお腹をすっきりさせる効果が期待できる飲み物として、便秘解消に取り入れることがあるます。

どちらもお腹の調子を整える効果はありますが、効果を発揮する栄養素が全く違います。飲むヨーグルトは、牛乳を発酵させて作られているので、動物性脂肪を多く含んでいます。最近は植物性乳酸菌を原料とした飲むヨーグルトも販売されていますが、一般的には植物成分は入っていないので、食物繊維やミネラル分は期待できません。

飲むヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内に入ると善玉菌となって悪玉菌を分解し排出する効果が期待できます。乳酸菌は腸に入ると腸内のぜん動運動を活発化させる効果もあるので、腸内環境が整えられます。

飲むヨーグルトは乳製品なので、良質のカルシウムとタンパク質が含まれているのも魅力です。しかし、市販されている飲むヨーグルトは飲みやすいように甘味やフルーツのフレーバーが加えられている為にカロリーは高めです。カロリーオフの商品や無糖の商品もあるので、カロリーが気になる人はニーズに合った商品を探してみるのも1つの方法です。

青汁の効果は?

青汁にもお腹の調子を整える効果がありますが、効果を発揮する栄養素は飲むヨーグルトとは違います。青汁はケールや大麦若葉や明日葉などの植物を絞った商品なので、飲むヨーグルトに含まれる動物性の脂肪や乳酸菌は含まれていません。

しかし、豊富に含まれる食物繊維の働きによって腸内に溜まった毒素や老廃物をからめ取り、体外へ排出する為に腸内環境がスッキリと改善できます。排出させる動きが活発になる刺激で、腸内のぜん動運動が活性化します。同じ腸内環境を整える効果でも影響する栄養素が違うと、アップローチの仕方が全く変わってきます。

更に、青汁は甘味や香りの添加されていない商品が多く、脂質がない為にカロリーが低いのも特徴です。腸内環境を整えてダイエット効果やメタボ対策を期待する人は、余分な糖質や脂質がない青汁は効果的です。

青汁と飲むヨーグルトのどちらが効果的?

青汁と飲むヨーグルトでは含まれる栄養素も、腸内ヘのアップローチの方法も全く違うのでどちらの効果が高いかという正解はありません。迷っている場合はどちらも試してみて、体質に合う方を選択することがお勧めです。

腸内環境を整えるだけでなく、血液をサラサラにして血圧を下げる効果や、美肌効果など総合的に健康効果を期待する場合は、バランスよく栄養素が含まれていてカロリーの低い青汁が効果的ではないでしょうか。

 

未分類

青汁とリンゴジュースを比較したことある?

りんごは医者いらずと言われる理由

りんごは医者いらずと言う言い回しを聞いたことがあると思いますが、りんごは健康によい果実の1つとして挙げられます。りんごで注目されるのは、リンゴポリフェノールという成分です。主に皮の近くに多く含まれる栄養素ですが、抗酸化成分の1つです。

病気を引き起こす原因と言われている疲労やストレスを感じた時に発生する活性酸素を除去する働きがあったり、内臓脂肪を効率的に燃焼する働きが期待できます。リンゴを毎日食べるとドロドロの血液がサラサラになる効果もあります。このように健康に効果的なりんごを積極的に食べることで、病気にならない健康的な体作りができるのではないでしょうか。

手軽なりんごジュース

健康によいとされるりんごは、皮をむいて切るのに手間がかかる為に、毎日食べないという人もいます。また、皮をむいて食べると、りんごの栄養素がたくさん含まれているリンゴポリフェノールを捨ててしまうことになります。
皮ごと擦りおろして食べる方法や、家庭で皮付きのままミキサーでジュースを作る方法もありますが、家庭で作ると皮の食感が口に残ってしまいます。

市販のりんごジュースは皮ごと絞って果汁を抽出している製品が多いので、手軽に飲めるのが魅力です。りんごジュースにはリンゴに含まれている栄養成分が豊富に含まれていて、その中でも特にカリウムが豊富に含まれています。カリウムにはドロドロになった血液をサラサラの状態にする作用があり、また、高い抗酸化作用も期待する事ができます。

しかし、手軽に飲めて栄養素も凝縮されていますが、甘くて美味しいだけあってカロリーは高めです。コップ一杯のりんごジュースで100kcal前後はある商品が多く、糖質は高めです。ダイエット中の人にはりんごジュースの糖質は不向きかもしれません。

青汁と比較

りんごジュースは美味しくてしかも、血液サラサラ効果や抗酸化作用が期待できる飲み物ですが、青汁にもりんごジュースと同じ栄養素がたっぷり含まれています。りんごジュースは内蔵脂肪除去効果がありますが、糖質が高い為に効果も半減してしまいます。

青汁はコップ1杯のカロリーが低く10kcalとりんごジュースの10分の1のカロリーで糖質や脂質はほとんどありません。その為に内蔵脂肪除去効果はりんごジュースよりも期待できます。

青汁は栄養価に重点をおいている商品が多いので、甘味や酸味を添加して飲みやすく加工されていない為に、独特の風味や青臭さがありますが、バランスよく栄養素を摂取できて効果をしっかり実感できるのではないでしょうか。

 

未分類

青汁とヤクルトを比較してみよう!

青汁とヤクルトについて

最近は健康志向が高くなってきている為に、健康に良い飲み物に関心を持つ人が増えてきています。お腹の健康によい飲み物として、注目されているのが、青汁を始めとする野菜が含まれる飲み物とヤクルトなどの乳酸菌が含まれる飲み物です。

食物繊維も乳酸菌もお腹の健康に効果がありますが、それぞれのメリットとデメリットを比較してみます。

青汁のメリットとデメリット

メリット

  • カロリーが低い、青汁は1杯10kcalに対してヤクルト1個で50kcalあります。
  • 腸内環境を整えるだけではなく、ミネラルやビタミンが豊富
  • 血液サラサラ効果が期待できる
  • 生活習慣病の改善が期待できる
  • 原材料がケール、大麦若葉、明日葉、など色々あり、ジュースや粉末、錠剤と、商品の選択の幅が多い

デメリット

  • 独特の青臭さや苦みがありクセのある商品がある
  • 商品の種類が多すぎて選ぶのが大変
  • 濃い緑色が食欲をそそらない
  • ヤクルトよりも価格は高い

ヤクルトのメリットとデメリット

メリット

  • 甘くて美味しい
  • 大人から子供まで誰からも親しまれる味
  • 腸内環境を整える善玉菌が豊富
  • ピロリ菌にも効果があると実証されている
  • 店舗での販売でなく配達もあり定期的に購入できる
  • 乳酸菌が腸内環境だけでなく、花粉症などのアレルギーを抑える効果も期待できる

デメリット

  • カロリーハーフの商品も出ているが、カロリーが青汁に比べて高い
  • 1個の量が少なく物足らない
  • 血液サラサラ効果は期待できない
  • 味が1種類なので飽きる
  • ビタミンやミネラルは含まれていない

青汁とヤクルトを比較

青汁もヤクルトもそれぞれメリットとデメリットがあります。自分の目的に合わせて商品を選ぶのがお勧めです。腸内環境を整えることだけに特化したい場合は、飲みやすいヤクルトがお勧めですが、メタボ対策や生活習慣病対策も考えたい人には青汁がお勧めです。

気なるデメリットを克服出来れば、目的に合わせた選択を安心して出来ると思います。例えば、青汁の効果は必要でも味とにおいが苦手な人は、比較的クセが少ない大麦若葉や熊笹を使った商品を選ぶと飲みやすくなります。

りんごとはちみつと牛乳と青汁をミキサーにかけでオリジナル青汁にすることでも味やにおいの問題は克服出来ます。ヤクルトに不足しているビタミンやミネラルは食事で意識して摂取することで補うことが可能です。

最近は青汁にオリゴ糖や乳酸菌が加えられている商品もあり、必要な栄養素が総合的に摂取できるものもあります。それ程乳酸菌も注目するべき栄養素なので、自分に合った商品を選んで継続することが大切ではないでしょうか。

 

未分類

青汁とぶどうジュースを比較!

ぶどうジュースの意外な栄養

ぶどうジュースといえば子供も大人も大好きなジュースで、美味しいから飲むという人も多いのではないでしょうか。爽やかで、酸味と甘みのバランスがよくジュースだけでなく旬の時期にはぶどうを好んで食べる人もいます。

ぶどうは種類も多く色々な味や食感を楽しめるのもぶどうの魅力です。ぶどうジュースも種類が多くマスカット系の爽やかな味のものから、巨峰が原料になっている鮮やかな赤紫色のものがあります。

ぶどうジュースは栄養を考えて飲むというよりも、嗜好品の1つとして考えられることがありますが、意外な栄養があります。ぶどうジュースにはカリウムやクエン酸などの成分が豊富に含まれていて、高い抗酸化作用が期待できます。

巨峰の皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごと絞るジュースは、皮をむいて中の果肉だけを食べるよりも余すことなく栄養素を摂取できます。

青汁と比較

ぶどうジュースは美味しいだけではなく意外な栄養が入っていますが、ぶどうジュースに含まれている栄養素は全て青汁にも含まれています。ぶどうはジュースにすると果肉を入れないと食物繊維はほとんど期待できませんが、青汁は豊富な食物繊維が含まれています。

どちらも植物が原材料の飲み物ですが、青汁にはカルシウムも多く含んでいるのが特徴です。コップ一杯のぶどうシュースと青汁を比較すると、摂取できる栄養素の種類や量は青汁の方が多くバランスが良いようです。

野菜不足の解消やデトックス効果を期待するのであれば、青汁は効果的です。美味しく飲んで気分をスッキリさせてリフレッシュしたい時には、ぶどうジュースもお勧めです。クエン酸が多く含まれるぶどうジュースは疲労回復にも効果が期待できます。

血圧を下げる効果に注目

意外に知られていないのが、ぶどうジュースにも青汁にも血圧を下げる効果があります。ぶどうジュースにも青汁にも含まれるカリウムは血圧を下げる働きがあるので、血圧が気になる人は毎日コップ一杯のぶどうジュースか青汁を飲むことがお勧めです。血圧の対策には毎日続けることが大切です。

但し、青汁に含まれるカリウムの量は大変多く、予防や改善には効果がありますが、ワーファリンなどの抗血液凝固剤を服用している人には、カリウムの影響が強すぎて青汁は避けなくてはいけません。

それ程青汁のカリウムの量が多く、他の食品では一度に摂取出来ない量がコップ1杯で摂れるのは魅力ではないでしょうか。

 

未分類